この記事は4月中旬に書いて、「体調が完全に回復してから投稿(公開)しよう」と考えているうちにタイミングを逃していました。今思うと公開しなくて「あ~良かった」。

だって、「7つの提案」とか偉そうなタイトルを付けてるでしょ。

さらに、「この7つの提案をこれから実践していき、数か月後には、その結果をこのブログで報告したい」って書いてる~。恥ずかし過ぎる~。

・ほとんど実践してません。
・それなのにビールは飲んでました。
・ラオスでも体調を崩しました
・カンボジアで倒れて緊急帰国


以下、没記事です。
笑いながらツッコミながら読んでいただければ幸いです。
没記事@健康管理

【はじめに】
随分と大げさなタイトルだと思われるかもしれませんが、自分自身への反省の意味も込めて、このタイトルにしました。

健康管理は大切!
気を引き締めます!

【現在の体調】
日本を出発して2週間ほど経ちました。これまで充実した時間を過ごしてきたと思っていますが、実は体調面で少し心配がありました。

それは「倦怠感」です。

高熱が出るわけではなく、激しい嘔吐や下痢もありません。ただ何となく怠い感じが続いています。食欲もあまりなく、体重が3キロ落ちました。

【予想される原因など】
「旅の疲れが出てるんだろうな」「精神的にも気が張っていたから」と自分を納得させようとしてきましたが、不安は解消せず。

ネットで『アジア 旅行 体調不良』で検索すると、食中毒や感染症の文字が出てきてさらに不安になりました。

【相談する】
宿には相談できそうな日本人が泊まっていなかったので、元職場の上司にメールを送りました。

少ししてから返信があって、そこには「病気ではない」
「冷たいもの、飲みすぎやろ」と書かれていました。

私は「そうか!」と叫んでしまいました。

元々、お腹が緩い体質だったのに、暑いからと言って、冷たいジュースや冷たいミネラルウォーター、そして冷たいビールも飲みまくっていました。無茶し過ぎてました。

元上司とメールのやり取りを何度かし、今後の対策について結論が出たので次に書きます。 
温かいお茶を飲みます

【実践すべき7つの提案】
①基本的に冷たい飲み物や食べ物はNG
②朝食は温かい飲み物
③ミネラルウォーターは常温で
④牛乳、ヨーグルトもNG
⑤コーヒーや紅茶のミルクもNG
⑥時々は熱いお茶
⑦これらを実践できたら冷たいビールOK
 
【さいごに】
旅を続けていく上で「健康が一番」だと改めて感じました。体調がイマイチだと楽しさが半減するんですよね~。旅を思いっきり楽しめないんですね。

この7つの提案をこれから実践していき、数か月後には、その結果をこのブログで報告したいと考えています。

また、この記事が、これから旅に出ようと思われている方、特に「お腹緩い系男子」の参考になれば幸いです。



スポンサーリンク