宿は

とっても快適でした!

・チェンコーンの安宿



外のテーブルで

ビール飲んでたら韓国人の女性が声かけてくれました。


「私も明日ラオスにいくのよー!宿の送迎(50バーツ)で行くでしょ?」

「(そんなんあるんや...)行く行く!」



宿の送迎

運転手に私は「オーサカ」、韓国人の女性は「キム」と呼ばれながら送ってもらいました。





イミグレーション

タイ側イミグレでは、ちょっと緊張しましたが、帽子とったら「ナイス!」と言われたぐらいで、何事もなく通過しました!

その後、ラオス側イミグレまで50バーツでバスに乗りました。

タイ ラオス 国境 イミグレ バス



バスでの会話

「キムさんは、国境越えたことあるんですか?私は初めてなんですが...」

キムさん「そうなんだ!私はカンボジアからタイに入る時に超えたよ!ラオスの国境越えもとても簡単だよ!」

「そうなんですかーでもなんか緊張しますね」

キムさん「日本は島国だから、陸路に国境があるとかイメージしにくいかもねー」

という会話がありました。




バスを降りると

欧米人(と思われる人たち)はアライバルビザをとるため、受付に並んでました。

私とキムさんは必要ないんで入国カード書いて、受付へ。

「ハロー!」と声をかけても何も言われず、ジロッと見られましたが何も聞かれず、スタンプだけ押して通過できました。

荷物検査も何もなかったです。



イミグレを超えてから

キムさんと別れます。

キムさんはなんかどこかでトレッキングするって言ってました。



目的の

スローボート乗り場まではバスかソンテウです。

ミニバスのスタッフに「スローボート?」と聞くと一言「NO!」

地味に心に刺さります。

トゥクトゥク(というか軽トラの荷台を乗れるようにしたようなの)に聞くと、近くまで行くということで、先に乗り込んでる人にも確認すると、スローボートに乗るってことだったんで100バーツで乗りました。



続きは「スローボートでルアンパバーンへGO(1)」をお読みください。




広告:旅行傷害保険付帯!





*この記事は、旅ブログ『アジアしあわせ特急』 の下書きです。



2017年08月20日 初回投稿。
2017年10月23日 一部修正。
2018年03月16日 一部修正。