*この記事は↓の下書きです。



クチツアーから帰ると午後3時ごろでした。降りたところからバイクタクシーに乗って、ベンタイン市場に向かいました。



かなり大きい市場で、アクセサリーや衣料品、食料品、各種みやげ物などなんでも売っています。ほとんどの店で価格表示がなく買い物は交渉になると思います。腕時計を持ってきていなかったので、安いのがあれば…と思い覗いてみると「コンニチワー!」日本語が上手な兄ちゃんがいて、いろいろ時計を出して見せてくれます。「ロレックス5000円安いネー!」「ぜったい偽者やん」「全部ニセモノ安い!」そこは認めるんかー!と内心つっこんでいる間にも次々出してくれていますが、スポーツウォッチみたいなのが欲しかったので、Gショックみたいなのないの?(日本語)というと隣の店に連れて行ってくれました。そこにはGショック(ニセモノ)があって、店の兄ちゃんが5000円というので、もっと安いのないの?時計ならなんでもいいんだけど(日本語)、と言い続けてたら2000円になったので、まあ必要だしということで買いました。



マーケットの周りをうろついてから、歩いてドンコイ通りに行きました。ネットでちらっと見る限り、ここもバックパッカーや若者が集まる場所ということです。が、大きいホテルや、通りがかなりきれいに整備されたからなのか、わたしが求めていたちょっと怪しい感じではなく、噴水のある広場や、おしゃれなカフェが並ぶきれいなエリアでした。疲れていたので、その中でも昔からあるような薄暗いカフェで休憩しました(疲れすぎふらふらだったので、レッドブルを水で薄めてちびちびのみました)。ちょっと回復してきたので、もう日も暮れようとしているころに再び散策を開始しました。怪しそうな方へどんどん進んでいくと、怪しいネオンのきらめくエリアがありました。



ここはレタントン通りのの日本人街だそうで、昭和っぽい雰囲気のある居酒屋や、日本食の店、ガールズバー、マッサージ店などがたくさんありました。
日本語の看板も多く、日本にいるかのような感覚になります。せっかくきたので、客引きについていって女の子が店先にいっぱいいるカウンターバーに入ってみました。時間が早いのか(8時ごろ)、客はわたし一人でした。カウンターを挟んで、かなり日本語が上手な女の子と、ほとんど話せない子がついて、小一時間話しました。日本語が上手なゾアンは、日本語を学校に行って勉強していたことがあるそうで、漢字やカタカナもある程度読めるそうです。日本でも働けるんじゃないのー?といってみると、自信ないから無理!と言っていました。僕がいる間に、客が一人だけ来ましたが、ほかの店もほとんど客がいる様子がなかったですねー。客入るときは入るのかもしれませんが…日本食レストランは結構入ってました。ちょっとお金はかかりましたが、面白かったです!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット