はじめに

この記事は「ラオスで取る!ベトナムビザ最前線〜(嘘)」の続きです。


謎の5ドル

返金された5ドルは結局払うタイミングがありませんでした。

これはちょっとよく分かりませんね!


ビザ発行券?

トゥクトゥクのドライバーが持ってきてくれたものは、どうやらビザではなく「ビザが国境で発行される券」みたいなものっぽいです。

ラオス ベトナムビザ取得


入国審査

ベトナムビザの入国審査でパスポートにはさんで渡すと、25ドル払えと言われ、払ったんですが手続き(ビザをパスポートに貼り付けたり、コピーとったりなど)が別にいるようで結局一番最後に回されてかなり待つことになりました。

4人同じような券を持って入国しようとしている人がいて、一緒に待たされました。


ちなみに

僕はプリントアウトした状態で券を持っていたんですが、電子データで持ち、スマホの画面で見せていた人は隣のカウンターで1ドル払ってプリントアウトしてくるように言われてました。

これは現地で言われたら英語のできない私にとっては難しい注文だと思うので紙で持っててよかったです。


完了!

スタンプ作業を終えた係員が、最後にわれわれのパスポートに丁寧にビザを貼り付けて返してくれ、入国完了です。

ちゃんと1ヶ月で許可してるからな、と私には説明してくれました。


???

入国自体は入国カードもなく、荷物チェックもありませんでした(専用に機械があるのに)。



1ドル

係員はスタンプに1ドルいるんや!といって1ドル取ってましたが、本当に必要なのかは不明ですね。

25ドル払った僕たちは要求されませんでした。



まとめ

最終的にかかった金額は、オンライン申請30ドル、トゥクトゥクドライバーのピックアップ5ドル、国境で25ドルの計60ドル。

金額的にはあんまりかわりませんね。

ただ、めちゃ待たされるので、時間がある人は自分でビザ取りに行ったほうが良さそうです。

パスポートを長い時間預けるのもなんだか不安になりますし。


*ベトナムビザを申請したのは5月1日だったと思います。3日発の予定だったんですが、4日になるということで1日延長しました。




今回の記事は、旅ブログ『アジアしあわせ特急』ラオスのビエンチャンでベトナムビザ(1ヶ月)を取る の下書きです。


【関連記事】
ラオスで取る!ベトナムビザ最前線〜(嘘)
24時間バスでベトナムへ(前編)
24時間バスでベトナムへ(後編)


2017年08月26日 初回投稿。
2017年11月30日 一部修正。

スポンサーリンク